COLOR

コミュニケーション× 教育×カラー部門

色彩設計・配色提案

色彩心理学に基づき、ターゲット層や会社の理念に合わせた、配色の提案を行います。

詳しくはこちら

教育関連事業

教育関連の事業です。

詳しくはこちら

セミナー・講演・イベント

セミナーや講演・イベントの依頼はこちら。

詳しくはこちら

認定講座

認定講座一覧はこちら

詳しくはこちら

診断

カラータイプ診断で、自分育てや子育て力、人材育成力UP。似合うスタイルを診断。骨格スタイル分析。パーソナルカラー診断等行っております。

詳しくはこちら

COLOR TYPE 「カラータイプ」について

『カラータイプ®』 とは、人間の行動や色彩心理学 をもとにコミュニケーションが重要視されるこれからの時代に合わせて 独自の観点や研究を重ね開発した性格診断システムです。
現在、行動色彩心理学としても商標出願中です。

その色彩心理とは、視覚を通じて私たちの心理や精神に及ぼす『色彩の影響』のことで、私たちは無意識のうちにも色から影響を受けています。

例えば赤と青、人で言うとどちらが情熱的な人かと言うとみなさん赤!とお答えになります。
青は冷静な人。と習っていないけど、なぜか知っている。
これが色彩心理です。
ちなみにこの感覚は、日本人だけでなく全世界共通の感覚です。

赤の色彩心理には、決断力・スピード・目立ちたがり・負けず嫌い・飽き性というキーワードがあります。
こういったものがあるかないかを78問の質問に答えていただき、赤の要素が高いと赤色の点数が高くなります。
同じ要領で13色に人の個性を分け、さらにわかりやすく4タイプに分類しています。

これがカラータイプ®の基本形態です。

コミュニケーションの基本はまず自分を知り
人間力をあげておくこと
そうするとお相手もそうですが、自分が一番生きやすく、心豊かになります。
人が大好きに、自分が大好きになります。
コミュニケーションは思いやりの価値観がズレると意味がなくなります。
カラータイプは思いやりのツールです。
自分を知ってから、相手はどうしたら喜んでくれるのかを知ります。

カラータイプ®が掲げる13色は人間が生きていく上で必要不可欠な13の価値観
どの色の価値観も大切でこれまで生きて来られた中でどの色の価値観をお育てになったか、経験を積まれたか
これからどうなっていきたいのか、生き方、在り方はどうなのか
思いの外深いところまでご自身と向き合うイイ機会になると思います

人の個性は十人十色
何が正しく間違いもない
カラータイプ®を学べば人がいかに自分のタイプからしか物事を考えないかがわかります
誰しも揉めようと思って揉めてないんです
相手に指を向けるのではなく受け入れ認めること

そしてバーチャルのコミュニケーションに時代が進む中
悲しいかなコミュニケーションを教えていかなければいけない時代です。
やはりその部分もカラータイプ®は必要な時代です。

さらにAIが進み、一生懸命資格を取得しても先にない職業は資格取得も意味のないものになり得ますが
人が居なくならない限りコミュニケーションスキルは必須です。

カラータイプ®との出会いは必ず心を豊かに人生を豊かにします

arrow_upwardページの先頭へ戻る